スポンサーリンク






  • "TOPページ"●借金まみれの徒然日記 ≫ お金を借りることに抵抗が無くなったのはなぜか?



  • お金を借りることに抵抗が無くなったのはなぜか?


    suzu201606080I9A6770_1_TP_V.jpg

    500万円の借金をするのだから、お金を借りることに抵抗が無くなったのだから、こうなったと言えます。

    お金を借りることに対して抵抗、返済する計画が無ければ、ここまでの借金にはなっていなかったと思います。



    • お金を借りることに抵抗があった時代


    • 私は、社会人になって約20年間、借金は目的ローンだけしかしたことがありませんでした。

      もちろん、消費者金融のカードローン、銀行のカードローンは持っておらず、唯一現金が借りられるクレジットカードのキャッシングも使用したことはありませんでした。

      なぜ、そのような生活を送ってきたのに、500万円もの借金ができてしまったのか

      20代、30代、40代に差し掛かった時まで、目的ローン以外でお金を借りるということ自体、自分自身で抵抗がありました。

      クレジットカードを使用しても、必ず一括での処理となるようにしていました

      人生の大半は、無目的な借金はしたことが無かったものです


    • 何が私を狂わせたのか


    • お金を借りることに抵抗があった者が、いったい、どうしたら500万円もの借金をするハメになったのでしょうか

      まず最初は、安易な、無計画なクレジットカードのリボ払いの使用でした。

      最初はまだ、金額が数万円で、毎月の返済が数千円でしたので、何も感じませんでした

      その状態で、さらにクレジットカードを多用していくと、リボ払い残高は飛躍的に増えていきました

      リボ払い残高が増えると、月々の返済金額が数万円となり、一時は毎月6万円のリボ払い返済となりました

      そうなると、元金は減らず、また返済するための現金も足りず、またクレジットカードの使用となり、リボ払い残高は一向に減りません

      そして、ついにカードローンを契約して、一括でリボ払い残高を返済しました

      最初は、カードローンで180万円

      それが借金の始まりでした

      後は、お金を借りるのではなく、自分の貯金を引き出すかのごとくの感覚で、借入限度額まで借り続ける

      その繰り返しが今のなれのはてです




    一度借金をすると、それで終わらない

    借金を借金で返すとしても、それが定常となり、何とも思わなくなる

    そして、利息を返済し続けるだけの毎月の生活

    返済が苦しくなると、少しづつ借りて、雪だるま式に増えるだけの借金

    それが分かった時が、500万円の借金に達した時です


    お金を借りることに抵抗が無くなったのは、無計画に一度借りてしまったが最後

    その味をしめてしまったからです


    最初は数千円、数万円

    それが慣れて、癖になったら要注意です

    借金が増え続ける一方になります


    もし、今軽い気持ちで、1万円だけ借りた方いらっしゃいますか

    そのお金は絶対借りなければいけませんか

    代用できるものはありませんか

    いつも、そんな気持ちでいたほうが、良いと思います

    私が今思える、最善の気持ちです
    関連記事
    スポンサーサイト




    本日も読んで頂きありがとうございました
    情報は下記ブログランキングに満載です。

    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村

    債務・借金 ブログランキングへ



    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する