スポンサーリンク






  • "TOPページ"●Moneyお金の話 ≫ ローンの計算はできていますか? おさえておきたい金利と返済金額そして総額



  • ローンの計算はできていますか? おさえておきたい金利と返済金額そして総額


    PASONA_29_TP_V.jpg


    自分で契約しているローン、計算できていますか?

    私が、今、そう聞かれたら、「計算できています」と答えられます

    ただし、借金が増え続けていた時に、聞かれたら、

    「計算?」

    「計算しなくても、だいたい把握しているよ」

    と答えたかもしれません

    はっきりいって、利息をどれだけ払って、元金がどれだけ減って、返済総額はいくらか

    まったく把握していませんでした。

    その結果が、今ある状態ですね

    ローンをかかえている方、今一度見つめ直しみることが必要かもしれません




    • そもそもローンとは


    • ローンとは、スペルはloanで綴り、"貸し付け、貸すこと、ローン、(会社の)出向、貸付金、公債、借款、貸借物、外来の風習(など)、借用語、貸す、貸し付ける、金を貸す"などの意味です。

      一般的に住宅ローン、マイカーローン、教育ローン、そしてカードローンなど、個人向けの融資する商品のことをローンと呼ばれています。

      通常、大きい買い物をしたりする時、貯金だけでは足りないもの、また貯金をしていたら間に合わない場合もあります。

      その場合、必要なお金を借りて支払い、物を購入し、その後、毎月少しずつ返済するという方法、それがローンです。

      よくローンを組む、ローンで購入するなどという使い方をします。

      このようにローンは、借りたお金を少しずつ返済していくものなので、生活設計を立てるうえで役立つことになります。

      住宅ローンやマイカーローン、教育ローンは、お金を使う対象、目的があらかじめ決められていて、最初に必要な金額をローンでまかない、あとは返済していきます。

      また、カードローンは、上記目的ローンとは違い、あらかじめ決められた利用限度額の範囲内なら、何回でも借入れることができる極度貸付方式で、使途も原則自由となっています。

      ここが、住宅ローンなどの目的ローンとは違うところで、ローンカードを自動機(ATM)に入れ、暗証番号と必要な金額を入力するだけでお金が出てきます。

      一見、便利な商品ですが、それが銀行から借りたお金、すなわち借金だということを忘れがちで、一向にローン残高が減らない、利息だけを払い続けていて、返済できないという状態に陥りやすいのです。

      ローン

      カタカナで、あまり罪悪感が無いように感じますが、すなわち借金そのものです



    • 金利


    • 貯金が無くても、お金を借りれば、買い物ができる

      何て便利なんでしょうか

      それだったら、どんどんローンを使えばいいんじゃないか

      とは誰も思いませんよね

      なぜかと言うと、ローンを組んだら、借りたお金だけを返済するのではなく、かならず決められた金利で利息がかかります。

      お金を貸す方も、もちろん商売です。

      お金を貸すことによって、その利息収入を得ないと、金利の大きい、小さいはありますが、商売としてはやっていけません。

      借金が増えている間は、あまり気にかけませんが、まとまったお金になったところで、その利息額に唖然とすることになります。


      支払う利息額は、通常は以下の計算式で計算できます


      利息額=元金額×金利(利率)×借入期間


      いたって単純なものです


      そのいたって単純なものが、数字のトリックではないですが、何ともないものに思えてしまう場合があります。

      まず金利(利率)はだいたい年利●●%ということであらわされています。

      この年利ですが、消費者金融や、クレジットカードのリボ払い、キャッシングなどはだいたい14~15%となります。

      ”年利15%で12万円借りて、一ヶ月の利息は、約1500円です”

      といわれると一瞬安いように思えますか?

      仮に10万円を12ヶ月で返済した場合にはどうなるでしょうか

      返済期間    12ヶ月
      毎月返済額  10,830円
      総返済額  129,960円

      です。

      支払う利息は、9,960円、約1万円です


      では120万円ではどうでしょうか

      返済期間    12ヶ月
      毎月返済額  108,309円
      総返済額  1,299,708円

      支払う利息は、99,708円、約10万円です

      これは返済期間を1年としていますが、毎月10万円返済するのは厳しいです

      返済期間が延びれば、元金に対して利息はつきますので、利息は高くなっていきます

      私は今、利息だけで、毎月25000円となっており、55000円返済しても、元金は3万円だけしか減りません

      金利の恐ろしさは、以下の過去記事でも紹介しております。
      カードローンの金利 利息を計算してみました これが借金の恐ろし



    いかがですか

    今の現状把握、計画のみならず、借金をする前の抑止力にもなり得ます。

    ローンの計算することをおすすめします

    関連記事
    スポンサーサイト




    本日も読んで頂きありがとうございました
    情報は下記ブログランキングに満載です。

    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村

    債務・借金 ブログランキングへ



    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する