スポンサーリンク






  • "TOPページ"●借金まみれの会社での顔・家庭での顔 ≫ ワンマン経営者は「はだかの王様」 衰える気配の無いワンマンぶり



  • ワンマン経営者は「はだかの王様」 衰える気配の無いワンマンぶり


    cc0160160831_TP_V.jpg



     なぜ、これほどまでに介入してくるのか

     ワンマン経営者

     私の所属している部門の事業部長

     全ての決裁をになう立場ですから、経営判断で指示をするのはもちろんだと思います

     でも

     あまりにも、現場サイドの細かいところまで口を出しすぎの状態になっています

     どう考えても、係長レベルで解決、終了させるようなことでも、このワンマン経営者にお伺いをたてます

     もちろん、いくら事業部長でも、全ての細かいところまで、頭に入っているわけではありませんので、その時によって言うことは違います。

     そのため、事業部長に対しては、都合の悪いことや、こう話すと、こんな風に返されるからやめておこう等と、いろいろな制約が入り、決して全貌や、全ての真実、状況は話しません。

     悪いたとえをすると、裸の王様です

     見栄や立場にとらわれて、誰も本当のことは言わず、あたりさわりの無いところで、話をまとめようとします

     ワンマン経営者が、一度「こうだ」と言い出すと、誰も止めることができません

     その通りにやらないと、「俺がこう言っているんだから」、「なぜできないんだ」、「お前たちの怠慢だ」、ととりつくしまもない状態となり、仕事も進みません。

     
     自分が一番で、正確で、間違っていないと考えているため、自分の指示したことが実行されていない、ないがしろにされていると判断すると、執拗に言われ続けます。

     
     自分自身では、社員のためを思ってやっているようですが、真逆です

     たまには、飯でも食わせてやれよ、飲ませてやれよ、といって自分自身も参加して誘います。
     
     しかしながら、ご本人は慰労のためと思っているようですが、それにつきあうまわりの者は、気をつかい、機嫌を損ねないようにして、終始、言動や行動に気をつけます。

     慰労でも何でもなく、ただの仕事の延長で、さらに疲れるだけです。

     これで、飲み代まで徴収されたら、ただのいやがらせです。

     幸いなことに、ワンマン経営者が参加する飲み会は、100%会社の経費でおとします


     同じような境遇にいらっしゃる方もいるかもしれません

     この手のワンマンは、嫌われないように、うまく、のらりくらりと切り抜けるしかありません


     こんな付き合いをしなければならない仕事、職場ですが、大きな収入源となっている給与収入です

     このような借金をかかえている状態では、うまく切り抜けるしかありません


     いつか、別の収入源を確立するのを夢見て........


      
    関連記事
    スポンサーサイト




    本日も読んで頂きありがとうございました
    情報は下記ブログランキングに満載です。

    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村

    債務・借金 ブログランキングへ



    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する