スポンサーリンク






  • "TOPページ"●借金まみれの会社での顔・家庭での顔 ≫ ワンマン事業部長と側近のイエスマン 裸の王様とはこのことです



  • ワンマン事業部長と側近のイエスマン 裸の王様とはこのことです


    LIG_okanebaramakareru_TP_V.jpg


    直属の部下の退職など、ワンマン経営者の事業部長は現状も猛威をふるっております

    側近の直属の上司も、完全なるイエスマンで、絶対にワンマン経営者に逆らうことはしません

    そのくせ、ワンマン経営者が不在の時は、イエスマン直属上司も同じような発言をします

    たとえ言っていることが、カン違いしていても、間違っていても、誰もそれに対して話すことはしません

    まさに裸の王様です

    ある仕立て屋にだまされて、裸同然で歩いていても、自分自身はりっぱな洋服を着ていると思っています

    そのため、家来は裸じゃないかと指摘することもできず、さらに見えない洋服を褒めたたえるという、何ともこっけいなことになっています。

    直属上司の側近のイエスマンは、ワンマン経営者の言うことは絶対です

    たとえ、おかしいのではと思うことも、「事業部長のおっしゃることだから」、「事業部長の方針だから」でとりつくしまもありません


    それも、それぞれの部や課、さらに係の構成人員や業務分担まで口を出す始末です

    こうなると、部長や課長、係長といった、中間管理職は機能しません

    組織としては成り立たたない状態です

    ワンマン事業部長と側近のイエスマン

    事業部のナンバー1とナンバー2

    ワンマン事業部長が口でぽっと言ったことを、忠実に言ってくる側近のイエスマンのナンバー2

    ぱっと思いつきで言ったことだから、どうせすぐ忘れたりするのだから、ちょっとぐらい聞き流してしまえばいいのにと思うのですが、非常に忠実かつ、ワンマン事業部長の話すことには従順です

    絶対にワンマン事業部長に対して、もの申すなどということは絶対にありません


    そして、ワンマン事業部長は人の好き嫌いも激しく、実際仕事をみたわけではないですが、たまたま見かけた様子や、話しといった断片的なもので判断しています。

    当ブログの記事では、「債務整理なしで借金返済」のタイトル通り、私の借金とお金にまつわる記事を書いているので、あまりワンマン経営者のことは記載していませんが、通常の営業日では、毎日のように、馬鹿げたやりとりが多くあります。

    しばし、借金のことを忘れられるひと時です.....

    実際、売り上げをもたらすお客様より、社内の中を向いて仕事をしている状態であることは否めません

    しかしながら、この本業の収入が無くなったら生活はできませんし、そもそも借金返済などもできません

    地道な会社員収入、一発逆転での収入、あらゆる可能性で模索していきたいと思います

    関連記事
    スポンサーサイト




    本日も読んで頂きありがとうございました
    情報は下記ブログランキングに満載です。

    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村

    債務・借金 ブログランキングへ



    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する