スポンサーリンク






  • "TOPページ"●借金 返済 日記 ≫ PDCAときたら カイゼン 借金のこの状況も改善できるかな



  • PDCAときたら カイゼン 借金のこの状況も改善できるかな





     PDCAのプラン、実行、チェック、アクションということは分かりました。

     PDCAときたら、次なる方策はカイゼンです。

     カイゼンといえば、トヨタ自動車

     乾いた雑巾をさらに絞って、利益をねん出するという、話も聞いたことがあります。

     借金のこの状況もカイゼンしたいものです

     どんなことに着目してカイゼンしていけばいいのでしょうか?


    • 借金し多重債務となった金銭感覚


    • カイゼンには、まず現物主義、現実、現場をみるというものがあります。

      私のように500万近く借金するものは、もはや金銭感覚が麻痺していたと言明できます。

      超えてはいけない、境界を突き抜けてしまったことが、「まだ借りてもいいや」から「これぐらいだったら返せる」といった、訳の分からない考えとなってしまったことです。

      私が使っていたお金はどうしても使わなければ生活が成り立たない、生きていきないというものではありませんでした。

      今考えると、お金がなければ、安易にお金を借りる(とっかかりはクレジットのリボ払いですが)のではなく、とり得る方法はありました。

      お金を借りるのではなく、お金を使わない方法、節約してお金を捻出する方法、副業でお金を捻出する方法。

      支出を減らすか、収入を増やす

      そんな単純なことでさえ、借金が増え続けている時は、考えることができなかったのですね。



    • 現状の借金の問題を明確にする


    • 次に問題は何なのかを明確にすることです。

      私の今の問題は何だろう

      普通に過ごしていれば、まだ苦しいながらも、55、000円は返済できます。

      ただし、この55000円の返済ペースでは10年、借金を返済し続けなければいけません。

      現状でさえ、準備していなかった地震保険や、車の税金、または会社での付き合い、部下への酒の席での振る舞い等、支出要素も多く、繰り上げ返済どころか、約定返済分も取り崩してしまう状態に陥っています。

      最近では、少しタガが外れてきました。

      このままでは、借金返済どころか、借金増加の道をたどってしまいそうな勢いです。

      今の問題は、付き合いの飲み会となりますが、はたから見たら、そのくらいはどうでもないように見えているかと思います。
      (借金返済で毎月、必ず55000円返済しているとは誰も知らないからです)

      問題は必ず出費しなくてもよい支出です。

      この支出の歯止めをかける必要があります。



    • 計画にもとづいたカイゼン


    • 500万円近くの借金。

      毎年120万円づつ、元本を返済して、5年で完済です。

      毎年120万円ずつ返済するには、毎月10万円づつ返済する必要があります。

      金利が月約2万5千円ほどなので、だいたい元本が100万円ほど減るので5年となります。

      今の5万5千円の返済では、その倍、10年の返済期間になります。

      10年もの歳月の間、利息を払い続けて、過ごしていくことはできないと思います。

      イレギュラーな必要のない支出の抑制と、収入を背水の陣で増やすしかありません。

      借金のどん底から這い上がるための、方策をやり続けるしかもはやありません。

      それでも、もたないなら、当ブログのタイトルとは真逆の「債務整理による借金返済」になりますね。




    借金をしていても、大切なことは、絶望感や疎外感を持たないことです。

    自業自得

    確かにそうかもしれません

    しかしながら、もう借金ができてしまった今、嘆いていても仕方ありません

    少しでも前に進む方法を考えるべきです

    ハッピーな大逆転の未来を夢見て




     
    関連記事
    スポンサーサイト




    本日も読んで頂きありがとうございました
    情報は下記ブログランキングに満載です。

    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村

    債務・借金 ブログランキングへ



    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する