スポンサーリンク






  • "TOPページ"●借金返済のための節約・増収 ≫ 今さら聞けない 株式の基本中の基本 日経平均



  • 今さら聞けない 株式の基本中の基本 日経平均


    _shared_img_thumb_PAK75_taiyoukeitai20140823091335_TP_V.jpg


    こんな借金まみれのなか、NISA口座で投資信託を行っていることは当ブログでご紹介しています。

    私が、わずかばかりですが、投資しているのは

    eMAXIS 日経225インデックス 

    という投資信託商品です。

    ここで、日経という言葉が出てきますが、毎日、毎日の経済ニュースでよくでてくる、日経平均という言葉。

    いまさらながらですが、この日経平均とは何なんでしょうか?

    これこれ、こういうことが日経平均というのですよと明快に言葉にでてきません。

    そんな日経平均に関して調べてみました。


    • 日経平均とは

    • 「最近は株価が高いな」、「2万円越えるかな」、「バブルの時は4万円近くまであったな」等、日本の株式を話すときは、同じ尺度で、同じ基準でつけられている指標があります。

      この指標によって、日本の企業の株価が上がっているか、下がっているかをみています。

      そうですね、株価は、会社によって上がったり、下がったりするので、特定の企業の株価だけでは、日本の株式市場全体の判断をすることができません。

      そのため、日本の株式市場全体の株価の上がり、下がりの見当をつけるために、この日経平均という指標が使われていて、大抵の方が、この日経平均という指標を目安としてみています。


    • 日経平均の算出方法は


    • 日経平均は、略して日経、すなわち日本経済新聞社が、東証一部に上場している約1700銘柄の中から、取引が活発で流動性の高い225銘柄を選んで、その株価の平均を15秒毎に算出しているものです。

      なぜ「225」というと、特に理由はないそうです。売買高の多い銘柄を全業種から均等に選んだところ、この225銘柄になったそうです。

      日経という文字は、日本経済新聞社のことで、日経平均、日本経済新聞社という1民間企業が選択して算出した株価の平均です。

      そんな一民間企業が算出した数値を、日本の政府、官庁、企業、個人はもとより、世界中でも目安とされています。

      平均に使用されているのは、トヨタ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、NTTドコモ、キヤノン、デンソー、武田薬品工業、東海旅客鉄道、セブン&アイ・ホールディングスなど、時価総額が大きめのそれぞれの、業界トップクラスを用いているので、その株価の動きで全体的な動向を勘案できることが分かります。



    へー、なるほどですね。

    ふだん、何となく分かっているつもりでも、分かってないこと、言葉で説明できないことも多いですね。

    これからは、日経平均の発表があった時は意識的にみてみます。


    関連記事
    スポンサーサイト




    本日も読んで頂きありがとうございました
    情報は下記ブログランキングに満載です。

    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村

    債務・借金 ブログランキングへ



    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する