スポンサーリンク






  • "TOPページ"●借金まみれの会社での顔・家庭での顔 ≫ 昇給時期 中間管理職の給与は上がるか



  • 昇給時期 中間管理職の給与は上がるか





    ちょうど、年度も切り替わり、昇給の時期となりました。

    こんな、多重債務者の私でも、会社では中間管理職で、申し訳ありませんが部下もおります。

    この連休明けの5月の給与では、昇給があり、もちろん部下の査定もしております。

    全員、最高額上げてあげたいですが、原資もあり、全て一律あげてあげることはできません。

    少なくとも、組合員である、私の部下の子たちは、会社としては業績は赤字ではなく、給与が下がるような要因は現状のところありません。


    さて、うってかわって、私も含めた管理職はどうでしょうか?


    • 管理職の査定

    • 私たち中間管理職が部下を査定しているのと同じく、私たち自身の査定も直属の上司、部門内、事業部内で査定をされています。
      残念ながら、私の所属している会社では、管理職以上になると、面談や人事考課のフィードバックなどがありません。
      となると、直属の上司(いつものワンマン事業部長のイエスマン)の査定如何で、いかようにもなってしまいます。

      一般社員と違い、管理職になると、経営者感覚での部、課の運営といった観点での査定となります。

      ひとつの仕事、ひとつのプロジェクト、ひとつの商談をまとめたからといって、それだけでは管理職としての職務を全うしたとはいえません。

      管理職は、企業の経営理念、ビジョン、計画をひとつの部、課の目標に落とし込み、それをどれだけ達成させたかにつきます。

      私はどうなんだろうか?

      借金のことはもちろん知られていません

      借金のために、仕事をおろそかにしたことは表面上はありません

      いったいどんな査定結果なんだろうか


    • 管理職の昇給額は

    • 昇給額は、会社の規模、業種、業績、会社方針に大きく依存する部分であり、一概にいくらと言えないのが現状ではないでしょうか。
      ある記事には、管理職の昇給の目安としては、月額平均1万円と紹介されている記事もありますが、月額1万円昇給できるのであれば万々歳です。

      私の所属している部門では、ひどい赤字ではないですが、大幅な黒字でもなく、課長以上の管理職の昇給はありませんでした。

      さすがに、赤字で給与カットというならまだ話は分かりますが、多少の黒字でもわずかでも上げてもらいたいというのが心情です

      こればかりは、業種や、職種によっても大きな開きが出る部分です

      それにより、年収が300万円なのか、500万円なのか、800万円なのか、1000万円越えなのか....

      できれば、今年は昇給していてもらいたいものです



    昇給は基本的に4月の給与からなので、5月給与での昇給分と4月分の二ヶ月分が入るはずです。

    今は、たとえ5000円でも、上がっていてもらいたいものです

    昇給していたとしてもも、もちろん借金返済にはまわさず、家計への足しとして、その分、副業などの頑張りを継続させていきます

    それが、今私にできる最低限の償いです

    早く、収入をあげるようにしていかねばと、ますます思う今日この頃です。

    関連記事
    スポンサーサイト




    本日も読んで頂きありがとうございました
    情報は下記ブログランキングに満載です。

    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村

    債務・借金 ブログランキングへ



    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する