スポンサーリンク






  • "TOPページ"●借金まみれの会社での顔・家庭での顔 ≫ 歓送迎のダブルパンチ 会社経費は使えず自腹 自分にとっての投資かな? 



  • 歓送迎のダブルパンチ 会社経費は使えず自腹 自分にとっての投資かな? 



     4月というと、新入社員の入社や、人事異動の季節です。

     ご多分に漏れず、当部署にも新入社員の配属も決まり、また別部署へ異動するもの、別部署から異動してくるものと、少ないながらも、人事異動の発令により、少しだけですが、メンツが入れ替わりました。

     異動してきた方も、もともと、同じ業界向けの仕事をしているので、何も知らないわけでもなく、特にすんなりと業務も分担できる状態となっています。

     まあ、今回の人事異動も、あのワンマン経営者の意向だらけで、それに対して誰も逆らえないものが見え見えで、非常に分かりやすい人事異動でした。

     また、新入社員は外部研修で一ヶ月ほど出ていきますが、研修の合間には出社して、新しく割り当てられたデスクで、他の人のお手伝い、まだ雑用レベルの事務作業だけですが、一生懸命行う姿は初々しく思います。

     こんな新入社員配属時期や、異動時期につきものは、歓送迎会です。

     部門全体として行う場合は、経費としてみてもらえるのですが、課や係で「ちょっとプレ歓送迎会しますか」となると、その辺りは自腹ということになるのが常です。

     さらに、中間管理職としては、部下のために、ちょっと大目に払わざるえない立場です。

     
     そして、歓送迎会はやってきました。

     異動の配属もあり、新入社員もいいタイミングで戻ってきているので、「今日はちょっと飲んでいこうか」という話になっていきました。

     会社を出た、駅前の居酒屋ですが、8人ほどで、訪れました。

     火曜日ということもあり、店はそれほど混んでおらず、すんなりと入り、とりあえず乾杯ということで宴が始まり、お酒を飲みながら談笑していました。

     こんな時、私自身もお酒を飲みながら話しているので、借金のことも、しばし頭から離れていました。

     幸いなことに、この酒の席には、ワンマン経営者の事業部長や、その直属のイエスマン部下(私の直属の上司)はもちろん参加はしていなかったので、のびのびと、過度な気を使わない会話をしていました。

     ウィークデイということもあり、飲み会もほどほどのところでお開きとなりました。


     飲み代の伝票がきました。

     ちらっと見ましたが、テーブルにおかれた伝票を手にとるものはいませんでした。
     
     この飲み会の席では、私が一番の年長者で、一番上の管理職です。

     「どれっ」

     と伝票をみました。

     8人で、28、800円でした。

     この金額をみて、全額、私が払うとなる厳しい額です。

     仕方なく、「半分みてやるから、あと半分は7人で割ってくれ」

     と話しました。

     そうすると、私以外の7人は2000円づつだして、14000円集まりました。

     しょうがいないです。

     出すしかありません。

     一応、職場のコミュニケーションのために、仕方ないなと思いつう、部下に残りの14400円を私の財布から出して、渡して、会計させました。

     部下からしてみれば、タダがいいかと思いますが、「今回はちょっと割り勘ね、また課全体でやる歓送迎会は経費でみとくからね」とだけ言って、今回の飲み会は終了しました。

     
     あ~、使ってしまいました。

     地震保険・火災保険の支払、自動車税、通勤定期の購入といったお金の捻出にこれから苦労するであろう、ところで、イレギュラーな出費でした。

     これも交際費としての自己投資として思うしかありません。

     今月は、カードローンから借入しないとだめかな......
     
     
    関連記事
    スポンサーサイト




    本日も読んで頂きありがとうございました
    情報は下記ブログランキングに満載です。

    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村

    債務・借金 ブログランキングへ



    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する