スポンサーリンク






  • "TOPページ"●Moneyお金の話 ≫ クレジットカードは本当に必要か? 解約するのは面倒な手続きが必要か?



  • クレジットカードは本当に必要か? 解約するのは面倒な手続きが必要か?



     クレジットカードは、今は持っていない人のの方が少ないほどの保有率で、確か国内では87%の保有率だそうです。

     一昔前は、クレジットカードは高額商品を購入する時に、現金の支払をする代わりに使うイメージでありましたが、今では、ネット決済はもとより、スーパー、コンビニ、ガソリンスタンド、チェーン店の飲食店、ファミレスなど、クレジットカードでの支払い可能な場面が増えております。

     逆にクレジットカードが使用できない、お店を探すのが大変なくらいで、クレジットカードは大変身近なものとなっています。

     私も、まだまだクレジットカードを多数、保有しており、リボ払いは懲りてますので使用しませんが、まだまだクレジットカードを使っています。

     そんなクレジットカードについて考えてみました。


    • ●クレジットカードの使い方 メリットは

    •  クレジットカードは基本的には、当月使った金額が翌月、または翌々月の一括引き落としとなります。
       最近では、ボーナス一括払い、分割払い、リボ払いといった、分割での支払いがあります。

       まず、クレジットカードの使い方としては、現金の代わりに使うというのが大原則です。
       お金が無いから、来月になっても払うあてはないけど欲しいので、購入する。という使い方は単なる借金と同じです。

       ましてや、何に使って、いくら返済するのか分からない状態になるようなリボ払いは絶対にすべきではありません。
       多重債務への第一歩となってしまいます。

       ではメリットはないのでしょうか。

       クレジットカードのメリットは、急に出費が必要となり、翌月、または翌々月やボーナス月に支払うお金が入る見込みがあり、その見込内で使っても大丈夫な金額を前倒しで使うことができることにあります。
       急な出費とは、病院代、冠婚葬祭で祝儀を出したので現金が無い場合の生活必需品等、その場で特に必要がないものを購入す
      ることではなく、やむを得ない場合のことです。

       また、現金を管理、コントロールできる人は、現金で購入しようとしていたものを、クレジットカードで購入して、ポイント等の還元でさらに得しようとすることもできます。
       ただし、クレジットカードで購入して、さらに手元に現金があるからといって、それも全て使ってしまうような方はクレジットカードを使用すべきではありません。

       一番してはいけないのは、手元に現金が無いので日々の生活でクレジットカードにて購入する。

       これはある意味、自転車操業と一緒です。
       
       今月をしのいでも、来月はクレジットカードの支払で、さらに手持ちの現金を圧迫して、また同じことを繰り返す。

       クレジットカードでの使用残高が大きくなり、やがては当月内でまかないきれなくなり、リボ払いへ。

       最悪の展開です


    • ●クレジットカードは本当に必要か

    •  実際は、クレジットカードは無くとも、何とかなるとは思います。

       ネットショッピングできなくなる。いえ、銀行振り込みなどの別の方法もありますし、ネットで購入しなくても通常の店もあります。

       お金が無い時に、どうしても必要な出費の対処ができない。

       これには、いろいろな考え方があるかと思います。

       翌月になれば、その出費分の金額がまかなえるというのであれば、通常の一括払いでは金利がつかないクレジットカードの方がいいとは思います。

       それをコントロールできる人、お金の管理ができる人であれば、クレジットカードは非常に便利なものです。

       お金の管理ができない人が、クレジットカードを持つこと、さらに使いすぎることは、多重債務への第一歩です。

       なので必要か、必要でないということではなく、持つべきか、持たないべきかなのではないかと思います。
        

    • ●クレジットカードを解約するには


    •  クレジットカードは持っているだけでも、使用していなくても、その分の与信枠というものがあります。

       ありすぎると、他のローンや、おまとめをしたい場合に影響がある場合もあります。

       そんなクレジットカードですので、手元にクレジットカードがあり過ぎるのであれば、解約することも必要です。

       私自身も、銀行のキャッシュカードに付随しているものもありますし、クレジットカード専用のものもあります。

       本当に全く使っていないものがありましたので、一度だけ解約したものがあります。

       その解約した時の手続きですが驚くほどあっさりしたものでした。
       
       入会、新規発行する時は、いろいろな書類があり、目を通して、印を押したりして、審査があり、手続きが大変でしたが、解約する場合は、サービスセンターのようなところに電話して、カード番号と、名前と住所等、伝えるだけで、「では解約の処理をしますので、この手続き以降はお手元のカードは使用できません」と言われて、あっさりと解約することができました。

       あれだけ熱心に入会を勧めているわりには、解約、退会する時にはずいぶんあっさりしたものです。
       
       年会費を払っているものであれば、なおさら、年会費が無くても、持っているだけで、全く使用していないクレジットカードは解約した方が良いのではと思います。

       今一度、財布の中や、カードケースの中を探して、整理されたら良いのではないかと思います。



     公共料金の支払いに使われている方もいらっしゃるかと思いますが、クレジットカードは最悪無くても何とかなるのではないかと思います。

     私のような、クレジットカードのリボ払いから多重債務になるような人は、極力持たないことをお勧めします。

     しかしながら、しっかりと管理できる方であれば、持っていれば、いざという時に便利です。

     そういう風になっていきたいものです
    関連記事
    スポンサーサイト




    本日も読んで頂きありがとうございました
    情報は下記ブログランキングに満載です。

    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村

    債務・借金 ブログランキングへ



    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する