スポンサーリンク






  • "TOPページ"●Moneyお金の話 ≫ 借金の時効 時効になれば返さなくていい?



  • 借金の時効 時効になれば返さなくていい?




     時効と聞くと、ドラマやニュースでの「時効まであと●●日」、「時効になって逃げられてしまった」などのような話を耳にします。
     時効は、何かの罪に対して、一定期間経過したら、その罪に問われることがないことだけが知られがちですが、実は借金にも時効があるそうです。


    • 借金の時効とは

    •  借金の時効とはどういうことでしょうか?
       
       借金をすると、必ず毎月返済することになっていますが、その状態ではいつまでたっても時効にはなりません。
       
       借金の時効とは、債権者、お金を貸しているものが一定の期間、債権を行使せずにいた場合、その債権が消滅してしまうものです。
       
       分かりやすく言うと、こんなことはあり得ませんが、消費者金融からお金を借りて、消費者金融から、返済を要求されたり、催促されることなく、一定の期間が過ぎてしまったら、時効になってしまいます。

       その時効の期間は、銀行などの金融機関や消費者金融からの借金は5年、親族や知人からの借金は10年となります。



    • どうしたら時効は成立するか


    •  借金をして、一定期間に債権を行使されなければ時効が成立するか否かですが、期間が過ぎるだけでは、時効は成立しません。

       債権者、すなわちお金を借りている人が、時効を援用(時効が成立していることを主張すれば)すれば、債権者が権利を行使することができなくなって、初めて時効が成立します。

       債権者に伝えるためには、消滅時効を援用するという通知を、配達証明付きの内容証明郵便で郵送するなどを行わなくてはなりません。



    • 時効の中断もある


    •  借金の消滅時効は、最後の返済や借入から時間が進行しますが、この進行した時間が、最初に戻ってしまうことがあります。
       
       これを時効の中断といいます。

       中断といいますが、途切れるだけではなく、また0からのスタートとなります。

       例えば、3年経過していたが、時効の中断となると、3年分の時効の積み重ねは一度リセットされて0からの時間の進行となります。

       時効の中断となるケースは、請求、差押え、承認(債務の承認、借金があることを認めた場合)があります。

       お金を借りて請求されないケースを探すのが大変ですね。




     借金の時効は確かにあります。

     ただし、お金を借りて5年間何も無く、過ぎるのはほば皆無といってよいのではないでしょうか。

     借金の時効は簡単に成立しませんね。

     世の中で借金の時効となったのが、どれほど存在するのか興味深いところですが、限りなく特異なケースしかないでしょうね。
     
     借金は、普通に返済する、債務整理するなどの方法しかなさそうです。

     それほど、世の中、都合よくできていませんね
     
    関連記事
    スポンサーサイト




    本日も読んで頂きありがとうございました
    情報は下記ブログランキングに満載です。

    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村

    債務・借金 ブログランキングへ



    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する